FC2ブログ

婆ちゃん特製!漆黒ラーメン

子供の頃、自宅で祖母がラーメンを作ってくれた時の話。

小学生の頃は土曜日半日登校がありました。

昼前で下校し自宅で昼食。土曜のお昼と言えばラーメンです。
インスタントラーメンは土・日ぐらいしか食べれなかった。
体に良くないという理由があったのだと思います。


母が床屋の仕事が入っている時は昼食は婆ちゃんが作ってくれます。
その日、生麺タイプのラーメンを楽しみにチョプリと妹は待っていた o(^^)o

ラーメンが出来上がり婆ちゃんがチョプリと妹の前にラーメンどんぶりを置いた。


...黒い...醤油ラーメンなの?...黒過ぎて麺が見えない (゚∀゚;)


チョプリ「婆ちゃん何これ?」

婆ちゃん「いつもの鍋で茹でるラーメンだよ。熱いから気をつけなよ」

複雑な香りと黒いスープ...とりあえずレンゲで一口...ぶべぇ!マズっ!?ε-(`ε´;)

何かが焦げたような風味と少々の酸味?
なんじゃこりゃ!?


もしかしたらチョプリのラーメンだけ失敗で妹の方は...
妹が食べる様子を見てたらやはり「ぶべぇ」となった。

チョプリ「マズいよね?」

妹「何これ?変な味」

チョプリ「婆ちゃん何このラーメン?マズいよ」

婆ちゃん「なんだい!やけどしたのかい!だから言ったろ!」

チョプリ「違うっ!ラーメンが変な味する」

婆ちゃん「そんなはずないよ。いつもの鍋で茹でるラーメンだよ」

いつもラーメンが...どうしたらこんな味になるのだろう。

もしかしたらどんぶりの底に濃いスープが沈んでるのではと思い
レンゲでかき混ぜて食べるが味はまったく変わらずマズい。

チョプリ「何ラーメン作ったの?」

台所に行き確認してみた。もしかしたら入れ忘れの調味料があるかもしれない(よく入れ忘れます)

婆ちゃん「婆ちゃんが作り方間違ったんかい?ちゃんと後ろ(説明書き)読んだよ」

と断言する婆ちゃんの後ろのテーブルの上に「蒸し焼きそば」の空き袋が置かれていた...


チョプリ「婆ちゃん!これラーメンじゃない!焼きそばだよ!」

漆黒のラーメンの正体は焼きそばだった。それをラーメン風に調理したのである。


婆ちゃん「なんだい焼きそばだったんかい」

チョプリ「やっぱり後ろ(説明書き)読んでないじゃん!」

婆ちゃん「うっかりしたね~...でも、せっかく作ったんだから食べな」

チョプリ「えぇっ!?」 Σ(;゚ω゚ノ)ノ


怒らせると怖いので茶の間に戻りもう1度挑戦することに。

味は最悪だし、麺は硬いしで...毎度、水の分量も麺の茹で時間もいい加減な祖母です。


チョプリ「婆ちゃんやっぱりマズい。これ食べられないよ」

妹「気持ち悪くなってきた...食べられない」


婆ちゃんだったらいいよ!食べなくて!ったく贅沢なガキめらだよっ!!

(`Д´)ノ  Σ(゚д゚ll) (゚◇゚;)



その後、何をお昼に食べたか記憶にない。
マンガじゃないから「罰としてお昼ご飯抜き!」というオチはなかったと思います。



3年前に知りましたが那須塩原市に「スープ入り焼きそば」なるメニューを作るお店があるようですね。

「食堂 釜彦」



「ぺヤング」なんかも発売してました。すぐ消えたけどさ (-∀-)
4902885002512.jpg



婆ちゃんが作った料理は間違いではなかったわけです。

祖母は亡くなっておりますのでその事実伝えることができません。


その気になれば再現できる「漆黒ラーメン」...いや...無理です ヾ(゚ε゚;)






スポンサーサイト



コメント

No title

あー、なんだかしんみりしてしまいました。
私の婆さんも、たまにご飯をつくってくれましたね。
凄いのが出てきたときもありましたが^^;

私の婆さんもすでに亡くなっていますが
ときおり、壮絶な料理を思い出します。
また食べたくなったりしますねぇ。
夢の中で出てきたら飛び起きそうですが(笑

No title

とても良いお話を聞かせて頂きました。
優しいお婆ちゃまでしたね
焼きそば とラーメン 似てます似てますーー:
なんだか キーボードが霞んで仕方がないです、
いつものpして帰ります・・:

No title

昔の人って細かいこと気にしませんよね~・・・ってこれは・・・
つまりスープはソースを希釈したものですよね^^;

でもきっと、こういう出来事から新しいおいしさが発見されていくんでしょうね・・・ってないか^^;

リードマンさん

お婆ちゃんの壮絶な料理は数多くありますね。
リードマンさんのお婆さんのメニューもどんなだったか気になります(^^)

祖母はカレーに片栗粉を入れてました。
美味しいのだけどたまに片栗粉が溶けきれずプヨプヨしたのが発見されて
それが家族から大不評で(笑)

かんぴょうの吸物は母よりも祖母の方が上手に作れました。

祖母にしか出せない味だけにまた食べたいですね (´ω`)

トマトの夢3さん

焼きそばの袋を裏面から冷蔵庫から出してそのままいつもの感じで作ったのでしょう。

どちらかというと祖母はすぐ怒鳴る方でした。
あまりの怒鳴り具合にチョプリはよく泣いていた記憶が。

今では口にしてはいけない言葉をよく発して母から祖母が怒られていたような...

それでも優しい婆ちゃんでしたよ(^^)


メイプルさん

年を重ねて編み出したのか、能書きなんて気にしないのどちらかですね。
祖母は細かいことは気にしないタイプでした (-ω-;)

そういえば子供の頃から祖母の姉がカレーにソースをかけて食べると聞いて
やってみたら美味しかったです。
祖母よりもお姉さんの方がテクニカルでしたよ(笑)

スープ入り焼きそばにしても飲食店の方がたまたまやってみたできちゃった感がありますね。
そばめしやスープカレーにしてもなにかのきっかけがあったのでしょう。

そのうち中華ラーメン丼とか出てきそうですな (-∀-)

No title

チョプリさんこんにちは。

何かいい話が聞けました~
でもさすがに焼きそばをラーメンとして
食べるのは大変そうです。
でも優しいお婆ちゃんでしたね(^-^
ほっとするお話で面白かったです。

はぎさん

水の分量がラーメンの量なのでおかしな味しかしませんでした。

時には優しいが怒ると怒鳴り方がすごいです (゚∀゚;)
なので残すわけにはいかないと挑戦したものの無理でした。

でやっぱり怒られたわけです(笑)

No title

ああ、分かります。分かります。
うちの親も、お湯を捨てずにソース入れたりしてました。
お湯を入れるだけ系って年配の方には難しいのかもしれませんね。
災害用非常用の、乾燥したご飯とかも、ダメダメに出来上がりましたもんね。
しかし、文句を言われると、キレてしまう気持ちは理解できます....

No title

チョプリさま~こんばんはv-354

なんだかほのぼの話でこっちまでもがほのぼのしてきましたよv-343

そういえばうちの父方の祖母も、普段はとても優しくて面白い人だったのですが、怒るとホント怖かったな~v-356

かえるママ21さん

考えたら祖母は焼きそばを作ったことがなかったような (-ω-;)

説明書き読んでなぜ焼くと茹でるを間違えるのかが不思議でした。

そうなんですよ。祖母はすぐキレちゃう方だったので怖くて再チャレンジするしかなかったのです。
でも...さすがに~...

大正生まれの祖母ですので食べ物の大切さには厳しかったですね。

ちなじそびさん

そうですか~普段は優しいお婆ちゃんでも叱るべき時は怒る。
祖母も同じでした。

あの時はショッキングな出来事ではありましたが
今思うと爆笑ネタ...
じゃなくて「もったいない」の時代を生きてきた祖母なので
食べ物の有難さを伝えたかったのでしょう。

祖母の教育のお陰か自分用に出された料理は残さない習性がついてます。

No title

思わず声を出して笑っちゃいましたが
とても、ほのぼのした良い話ですね。

このお話を聞けば完食するかもしれないけど
子供だったら・・・やっぱムリかも。。。。

かっぺさん

味自体が物凄く薄いので完食は無理でしょう (゚∀゚;)

かと言ってそこにソースを足せば食べられたかどうか...

スープ入り焼きそばの方はぺヤングは1度食べたことがあります。
若干トラウマになっているのでちょこっと食べてみましたが
普通に美味しかったですよ(^^)

ほとんど父に食べさせたので完食できるかはわかりませんが (-ω-;)
非公開コメント
プロフィール

チョプリ

Author:チョプリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター